技術紹介

technology

加工改善

工程の見直し、ラインの改善、加工機器の改良に取り組んでいます。

  • 全社品質会議の開催
  • チームごとの目標管理
  • 現場からの改善提案・提言と進捗報告

自動検査装置

人手を介さずに安定した品質体制の確保ができるよう改善しています。

  • 専用検査装置の社内開発
  • ISO取得、環境方針の策定・実践

品質の安定とコスト低減

袴田精機の技術力の源は、独自の専用機製作と設備設計力。
品質の安定とコストの低減のための自社独自のノウハウが蓄積されています。

改善のサイクル、ノウハウの蓄積、独自の工夫

単なる設備導入では実現できない効率化・自動化に独自の工夫を凝らした専用機を設置。
生産工程を知り尽くしたベテランによる内製で、より現場に即したラインを構築します。

部品素材アルミ化の提案(軽量化に効果を発揮)

鉄素材を使って作っている部品をアルミ化することで、部品の軽量化が可能です。

「部品の軽量化」は特に自動車や輸送機器業界で非常にニーズの高い課題です。
当社では軽量化に対し、アルミ素材を使い特殊な表面処理を施すことで軽量化を実現。量産と品質を維持しながら、お客様への提案をしています。

≪軽量化の課題≫
・強度…アルミ素材を使うだけでは強度が足りない
・価格

★取り組みにあたっては、御社の設計部門との打ち合わせを重視します。
量産前の試作を、設計部門のニーズや課題を踏まえて実現性を高めます。

≪当社の技術提案≫
・強度を高めるために、硬質アルマイトでの表面処理をすることで硬度化を実現。

お問い合わせ